エンゲージメント


ワーク・エンゲージメントと従業員エンゲージメント

 エンゲージメントは、研究においても、また経営の実践においても注目されている概念である。しかし、エンゲージメントには、対象がワークやジョブか、企業や組織かといった違いで、様々なタイプのものがありうる。Kosaka and Sato (2020)は、ワーク・エンゲージメント(work engagement)と従業員エンゲージメント(employee engagement)の概念についての比較検討から、次の3点を指摘する:

  1. マネジメントの分野のアカデミック・ジャーナルではどちらの用語も同じような頻度で使われるが、アカデミックでないソースでは従業員エンゲージメントばかりが使われ、医学・看護学系の論文ではワーク・エンゲージメントばかりが使われる。
  2. このうちワーク・エンゲージメントについては、もともと病院で働く看護師などを対象としたバーンアウト(burnout; 燃え尽き)研究が源流だったためと考えられる。
  3. 2つの概念を十分区別していない研究も多くみられるが、測定対象やその源流の違いから異なる概念として扱うべきである。

ワーク・エンゲージメント

 ワーク・エンゲージメントについての代表的な研究がSchaufeli, Salanova, Gonzalez-roma, and Bakker (2002)である。この研究では、バーンアウトの対極としてエンゲージメントを考えている。彼らの開発した尺度は Utrecht Work Engagement Scale (UWES) と呼ばれ、短縮版のUWES-9 (Schaufeli, Bakker, & Salanova, 2006)と合わせて最も多く用いられるエンゲージメントの尺度となっている。Schaufeli, Salanova, Gonzalez-roma, and Bakker (2002)の尺度は以下ように3つのカテゴリーに分かれており、合計17項目で構成されている。このうち、斜体になっているものはUWES-9に含まれているものである(Kosaka & Sato, 2020)。

Vigor
  1. When I get up in the morning, I feel like going to work.
  2. At my work, I feel bursting with energy.
  3. At my work I always persevere, even when things do not go well.
  4. I can continue working for very long periods at a time.
  5. At my job, I am very resilient, mentally.
  6. At my job I feel strong and vigorous.
Dedication
  1. To me, my job is challenging.
  2. My job inspires me.
  3. I am enthusiastic about my job.
  4. I am proud on the work that I do.
  5. I find the work that I do full of meaning and purpose.
Absorption
  1. When I am working, I forget everything else around me.
  2. Time flies when I am working.
  3. I get carried away when I am working.
  4. It is difficult to detach myself from my job.
  5. I am immersed in my work.
  6. I feel happy when I am working intensely.

従業員エンゲージメント

 UWESが一つの確立された尺度とされているワーク・エンゲージメントと比べると、従業員エンゲージメントは研究者によってとらえ方が異なり、尺度も複数が並立している。その中で、Shuck, Adelson, and Reio (2017)は、ワーク・エンゲージメントと従業員エンゲージメントは異なるとする立場から、従業員エンゲージメントの尺度を開発している。彼らの開発した尺度は、3つの下位次元から構成されている。

Cognitive engagement: 組織的な良い成果に向けて表出する、心理的エネルギーの強さ
  1. I am really focused when I am working.
  2. I concentrate on my job when I am at work.
  3. I give my job responsibility a lot of attention.
  4. At work, I am focused on my job.
Emotional engagement: 組織的な良い成果に向けて、自ら進んで注ぎ込もうとする感情とその強さ
  1. Working at has a great deal of personal meaning to me.
  2. I feel a strong sense of belonging to my job.
  3. I believe in the mission and purpose of .
  4. I care about the future of .
Behavioral engagement: 成果に良い影響を与えるように行動しようとする心理的状態
  1. I really push myself to work beyond what is expected of me.
  2. I am willing to put in extra effort without being asked.
  3. I often go above what is expected of me to help my team be successful.
  4. I work harder that expected to help be successful.

 12項目中斜体の5項目が、my company、my organization、my teamに関する質問で、ワーク・エンゲージメントのUWESが、workとjobに関する項目ばかりだったのとは明らかに異なる(Kosaka & Sato, 2020)。

ワーク・エンゲージメントとパフォーマンスの関係

 Inamizu and Makishima (2018)は、インターネット調査より得られた3296名のデータをもとに、ワーク・エンゲージメント(WE)と職務パフォーマンスの関係を分析した。既存研究では、WEが職務パフォーマンスを高めると考えてきたので、まず、WEを説明変数とし、自分と同僚の評価差で測られる職務パフォーマンスを被説明変数として分析したところ、明確な関係性を見出せなかった。そこで、職務パフォーマンスを説明変数、WEを被説明変数というように入れ替えて分析したところ、綺麗な逆U字の関係があった。つまり、WEは、職務パフォーマンスが低いないしは高いときに低く、職務パフォーマンスが中程度のときに高かったのである。したがって、因果関係が実は逆である可能性を示唆している。また、自分と同僚の評価の差ではなく和こそがWEと強く関係するという予想のもと分析を行った結果、これらの間に綺麗な線形の正の関係があった。つまり、自分だけでなく同僚をも高く評価するほど、WEが高まっていたのである。


Handbook  Readings  BizSciNet

Copyright (C) 2021 Nobuo Takahashi. All rights reserved.