経営学ハンドブック【日々増改築中】


T 経営管理・組織

  1. 経営管理 経営管理論
  2. 会社制度とコーポレート・ガバナンス 超企業・組織 コーポレート・ガバナンス
  3. 組織論 組織論の源流
  4. 意思決定 組織の中の決定理論 限定された合理性
  5. 組織的意思決定 ゴミ箱モデル 意思決定モデル
  6. 科学的管理法から人間関係論 科学的管理法
  7. 組織行動論の系譜
  8. 人間資源アプローチ
  9. 欲求説 エンゲージメント
  10. 動機づけ衛生理論
  11. 期待理論
  12. 過程説 未来傾斜原理と見通し指数
  13. 内発的動機づけ 自己決定
  14. リーダーシップ
  15. リーダー像の変遷 リーダー像
  16. 人的資源管理 心理的契約
  17. モチベーション管理 仕事の報酬は次の仕事
  18. 労働条件管理 テレワーク 現場の疲弊
  19. 退職管理
  20. 国際人的資源管理 海外派遣社員
  21. 組織学習論 組織学習と組織ルーチン
  22. 学習曲線 学習曲線と経験曲線
  23. 低次学習・高次学習 両利きの経営 ルーチン・ダイナミクス
  24. 組織学習のマネジメント 組織学習のマネジメント
  25. 組織文化と組織アイデンティティ 日本的経営 組織文化 組織アイデンティティ 文化変容 組織活性化 ぬるま湯感
  26. 組織構造
  27. 組織デザイン 事業部制 マトリックス経営 オフィス研究
  28. トランスナショナル組織
  29. コンティンジェンシー理論 官僚制と管理システム マクロ組織論 技術と組織
  30.  
  31. 組織エコロジー論・制度的同型化 会社の寿命 制度的同型化 正統性 弱い紐帯
  32. 資源依存理論
  33. 取引コスト理論
  34. クラスター 産業集積

U 戦略・マーケティング

  1. 経営戦略 成長戦略 鉄道経営
  2. 多角化と企業戦略論 多角化 日米比較 標準産業分類
  3. 製品ライフサイクル
  4. PPM
  5. 競争戦略論 能力構築
  6. バリュー・チェーン 国際分業・産業空洞化
  7. 資源ベース理論(RBV) ダイナミック・ケイパビリティ
  8. 多国籍企業 組織文化の国際比較 言語戦略
  9. 国際経営 CAGEフレームワーク ボーン・グローバル
  10. 海外直接投資論
  11. プロダクト・サイクル仮説
  12. 知財戦略
  13. マーケティング 市場志向
  14. マーケティング戦略の立案
  15. ブランド戦略
  16. 消費者行動モデル
  17. 製品戦略
  18. 価格戦略
  19. プロモーション戦略
  20. インターネット時代の広告
  21. 流通チャネル
  22. 流通チャネルの設計と管理
  23. メーカー主導の流通チャネル形成
  24. マーチャンダイジング
  25. 小売形態
  26. 小売業の店舗集積とプラットフォーム
  27. 卸売業と物流
  28. 流通チャネルの変化

V 生産・イノベーション

  1. 生産管理
  2. 製品・工程マトリックス
  3. フォード・システム
  4. JIT
  5. 生産性指標
  6. 品質
  7. 品質管理
  8. 原価管理
  9. 納期
  10. フレキシビリティ
  11. サプライヤー・システム
  12. サプライ・チェーン
  13. イノベーション 問題解決と製品開発
  14. 魔の川、死の谷、ダーウィンの海
  15. 普及曲線とリード・ユーザー
  16. 生産性のジレンマ(A-Uモデル)
  17. 分断的イノベーション(破壊的イノベーション)
  18. 技術ロードマップ
  19. 業界標準
  20. 規格間競争
  21. 製品アーキテクチャ
  22. コンカレント・エンジニアリング
  23. アウトソーシング
  24. イノベーションの組織

《参考文献リスト》

  1. 本の著者版(全文HTML/全文PDF)を「CC BY」ライセンスで公開
  2. Readings
  3. Readingsを除いたリスト

 Web版だからこそ可能な日々更新。経営学の基礎知識に最先端の研究成果を紐づけた常に最新の経営学ハンドブック。高橋伸夫 (2021)『コア・テキスト 経営学キーワード』(新世社) の構成に沿って、体系的に整理・解説している。特に、日本の経営学研究を世界に向けて発信しているオープン・アクセスのオンライン英文ジャーナル Annals of Business Administrative Science 略して ABAS (「アバス」と呼ぶ)に掲載されている最先端のエッセンスは、早期公開後、できるだけ早く取り込むように心掛けている。

1

Readings BizSciNet

Copyright (C) 2017-21 Nobuo Takahashi. All rights reserved.